ノヴァーリス – ベンヤミン

 芸術批評の破壊と芸術創造の全体化に向けて、「詩と散文」という旧来の二元論を実行的に超える。そのために、「ノヴァーリス – ベンヤミン」問題を立てる。(二人は共に、その実行者であろうとした。)
 ここに関与して、ヘルダーリン、玉城徹、岡井隆、古井由吉、河原温、ゲルハルト・リヒター、河原温などを検証する。